新星ルーキーLosRetrosのLast Day On Earthメキシコに吹く熱い風

新星ルーキーLosRetrosのLast Day On Earthメキシコに吹く熱い風

カトパンとEXILE NAOTOの交際宣言に何も感じなかった朝のグッドBGMは

Last Day On Earth/Los Retros(ロス・レトロス)

メキシコ系アメリカ人のルーキー君。やわらか空気の雰囲気に浸っても良いかなと。

ぜんぜん悔しくないだし。
(´・д・`)・・・

スポンサーリンク
gdbgm_respo




Last Day On Earth/Los Retros(ロス・レトロス)

マクドナルドBGM9月後半に流れていたのはこちらです。

Last Day On Earth

はい、グッド~♪程よいダルダル感が夏の抜けきらない9月の社会人に良く合いますw。これから年末へ向けて忙しくなる手前の休息的な?

Los Retros(ロス・レトロス)

さてさて、このLos Retros(ロス・レトロス)はいったい何者なのでしょうか?調べてみましたよー。

看板でもあるマッドリブ、J・ディラ、MFドゥームから、アニメ『キャロル&チューズデイ』にも楽曲提供しているベニー・シングスやメイヤー・ホーソーンなどのポップ・マエストロまでを擁するストーンズ・スロウ。

96年にピーナッツ・バター・ウルフが設立したこの老舗レーベルと新たに契約して注目を集めているのが、19歳、Mauri Tapiaによるプロジェクト、Los Retrosだ。そのファーストEPが本作。

ブラジル・ポップス界の大御所、ロベルト・カルロスのようなラテン・フレイヴァーも含んだ、70年代のビリー・ジョエルやギルバート・オサリバンのような心地よいメロディを聴かせるそのサウンドは、近年の流れで語ると、ザラついた音をワザと残しているところやグッド・メロウな風合いなどはマック・デマルコ以降……レックス・オレンジ・カウンティやCucoなどと近い感覚を持っているのではないだろうか。

http://turntokyo.com/reviews/retrospect-ep/

おわかりいただけただろうか・・・いや、わかりにくいっちゅうねw
(U^ω^)・・・

要約すると、Mauri Tapia(マウリ・タピア)くん19歳のソロプロジェクトがLos Retros(ロス・レトロス)。で別情報ですが、メキシコ系アメリカ人ですよっと。そんなとこです。スッキリですね♪

なぜに音楽系ライターの方々はこのように回りくどい説明をしてしまうのか?思うに色々知識がありすぎて情報を整理しきれていないのかな、いやそれとも伝えたい事が多すぎるのか?

でもそのおかげでキーワードはたくさんいただけました♪ここから各自ググレカスってことなんだよねきっと。

しかし福沢諭吉せんせいはおっしゃってましたよぉ

諭吉「猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。」

なんという暴論wでもお猿さん並みのわたしにはちょど良いのかな。

ちょいとそれてしまいましたが、他の曲も聴いてみましょう~♪

Los Retros – Friends

あら、ちょっとオシャレ系?パンチは無いですが

Los Retros – Someone To Spend Time With

ゆったりリラックスですね。けっこう好き。たぶん忘れてしまう系w。BGMとしては秀逸なのかなー。

Rating: 5.0/5. From 1 vote.
Please wait...
Voting is currently disabled, data maintenance in progress.
スポンサーリンク
gdbgm_respo




gdbgm_respo




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする